卒業制作展について

これは、2014年度入学サウンドクリエイト学科の私たちが全員で制作した作品の集大成です。

大盛況をいただいた学園祭サウンドアトラクション『MAZE』の5.1サラウンドミックスをはじめ、

今回卒業制作展のため制作した、クリエイトとテクニック学科合同作品『WAVE -algorythm sound-』や、クリエイト学科の個性を、言葉を使わず曲として1つにまとめた作品『異"神"館』などの上映を行います。

また、会場外ではオムニバスCD「Collabusic」や自主制作CDなどの販売もしております。

入場無料ですので、是非お越しください!

次:MAZE 5.1ch

MAZE

もはやサウンドクリエイト学科の伝統となった、学園祭アトラクション。新しい技術をふんだんに使用したその最新作「MAZE(メイズ)」の5.1chバージョンの上演を行います。

5.1ch用に再構成・新たに収録し本番にも劣らないヴォリュームとなっています。

次:異"神"館

異"神"館

「異"神"館」は、サウンドクリエイト学科の実力を表した作品ではなく、個性を出した作品です。

変わった曲を変わった奴らが作って、撮って、録って、編集して。何も考えなしなわけではないが、意味をつけるのは後でええんじゃね、っという軽い感じも個性と受け止め作りました。

素敵な異人(変わった人)ばかりの教室を覗いてみてください。

次:WAVE -Algorithm Around-

WAVE -Algorithm Around-

授業サラウンド演習にて「卒業制作何をする?」というところで「ピタゴラスイッチを神戸電子でやろう」という話から生まれた作品です。他にも「親子丼を作るのサラウンドにしよう」など変わった意見もありましたが最終的には「ピタゴラスイッチをしよう。」に決まりました。

かなり制作は難航していましたが、ピタゴラスイッチを研究し皆で色々な意見を出し合いたった1分少々の作品ではありますがその1分に色々な思いが込められているのを感じていただきたいです。

細かな細工が施してあり、考えた人スゲーと思わせる場面もしばしば。

見る前に覚えていて欲しいのはピタゴラスイッチの仕組みを何も知らない人による0からの作品であることです。時間もない中柔軟な考えの元、青美しく構成されたalgorithmをお楽しみください。

次:その他の展示物

その他の情報

PENDULUM MUSIC

アメリカの現代作曲家、スティーヴ・ライヒによって1968年に「作曲」されたこの作品は、振り子にみたてたマイクとその下部に設置されたスピーカーとのフィードバック発振によるミニマル的かつ偶発的な楽曲です。今回私たちはこれを再現し、映像として記録しました。

また作品はサラウンドミックスされています。

自主制作CD

授業・商業音楽 選択者によるオムニバスCD「Collabusic」やその他自主制作CDなどの販売・頒布を行います。

学園祭でリリースされたCDの再販もあります。

次:記念DVD

DVD:SUBSTANCE

今回の開催記念DVD「SUBSTANCE」の頒布を行います。

今回の上演作品に加え、サウンドスケープ作品「Nightsteps」なども収録予定です。

次:開催情報

インフォメーション

開催情報

神戸電子専門学校 北野館 5階 ドームホール

2/18(木曜日)限定公開

上演作品

15時の部および16時の部

(1上演3作品30分毎)完全入替制

アクセス

神戸電子専門学校

兵庫県神戸市中央区北野町1-1-6

各三宮駅より徒歩 約8分・JR新神戸駅より徒歩 約10分